自己破産を無料で相談できる【素人には手続きが複雑】

男性と女性

裁判所に納める予納金

自己破産の申し立ては無料で行なえるわけではなく、裁判所に予納金を納めたり、申し立て手数料がかかったりします。弁護士に依頼すると、自分で自己破産申立てするよりも予納金を少額にする事が可能なので、お得だと言えるでしょう。

詳しく見る

貯金箱

起業する人の味方

大阪で起業を検討しているのであれば、創業支援の経験が豊富な税理士へ相談をしてみるのがよいといえます。創業時の資金調達から、創業後の資金計画、税務書類の作成まで広範囲人わたってのサポートをしてくれるので、非常に頼りになります。

詳しく見る

車のミニチュア

賠償問題の交渉を代理

福岡で交通事故が発生した場合、加害者側、被害者側問わず、示談交渉や賠償金請求について専門性の高い弁士後に相談するとスムーズです。交通事故の問題解決に実績ある弁護士を探し、電話やメールで問い合わせた後、実際に面談して依頼をしましょう。

詳しく見る

女性

手続きは高額な費用

自己破産をするには高額な費用がかかります。債務整理を得意としている事務所であれば、初期費用無料、相談料無料で対応してくれる事務所があります。強いノウハウのある事務所に依頼すれば手続きもスムーズに進みます。

詳しく見る

説明

借金の支払いが免除される

自己破産は、借金の返済が到底無理であると裁判所に認めてもらい免責となることで支払いが免除される手続きです。個人でも行うことができる手続きですが、準備する書類も豊富で手続きも複雑であるため費用がかかっても弁護士に依頼するのが一般的です。

詳しく見る

借金をすべてなくせる

電卓

手続きには費用がかかる

自己破産とは、裁判所に申し立てを行い現在抱えている借金をすべてなくすことができる手続きです。債務整理の方法は、他にも任意整理や特定調停、個人再生がありますが、いずれの手続きも全額なくすことはできず借金はある程度残りますので、その残った借金を返済していくためにも継続的な収入が必要になります。自己破産は、任意整理や個人再生で債務整理を行ってもそれでも借金返済が難しい人が選択する手続きです。一般的には、弁護士に相談をして自己破産の手続きを依頼を行います。申し立てを行い免責となれば、多重債務の苦しみから解放されることができます。個人でも行うことができる手続きではあるのですが、素人には手続きが複雑で難しく時間がかかります。弁護士に相談をされるのが最適です。しかし、自己破産をするのに弁護士に依頼するにも費用がかかります。弁護士費用としてかかるのが20万円〜40万円なのですが、その他に裁判所への費用として印紙代、切手代、予納金などがかかります。裁判所費用と弁護士費用を含めると40万円〜80万円はかかるのです。自己破産は、お金がない人が行う手続きです。費用捻出のためにお金を貯めたり親族から援助、分割で対応してもらって支払っているのが現実です。そのためなるべく費用を抑えるためにも相談料無料な事務所を選びます。相談料無料の事務所で、債務整理に強い事務所であればなおよいです。相談料無料にしているのは、法律事務所も債務者の事情をよく分かっており、相談するハードルをなるべく下げるためです。その他には、法テラスの制度を利用してこれも相談無料ですが弁護士費用を一部扶助してくれる制度もあります。