自己破産を無料で相談できる【素人には手続きが複雑】

手続きは高額な費用

女性

免責不可なこともある

法的に借金の支払いを免除される手続き、自己破産ですが借金の返済が嫌になれば誰でもできる手続きではないのです。裁判所に支払い不能であると認めてもらうことで、免責となります。支払い不能な要件としては、預貯金や財産を売却、今後の収入いずれをとっても弁済できるだけの資金を調達することができない、他に本人の信用力でお金も調達ができず弁済能力がないと判断されたときに支払い不能となります。ただし、支払不能である状態であったとしても免責不可となることもあるのです。免責不可事由としては、借金位理由が遊興費、ギャンブルである、自己破産を7年以内にしている、財産を手放したくないために名義を変更したり隠したりする、といった場合に不許可となります。これに当てはまると、自己破産ができず任意整理や個人再生を検討しなくてはならなくなります。ただし、免責不可事由であっても場合によっては自己破産ができる場合もあります。この辺りは、素人では判断できませんので弁護士に無料相談の際に確認してみることです。また、自己破産は手続きするのに高額な費用がかかります。費用を抑えるためにも無料相談ができるところに事務所を選んだ方がよいです。債務整理に強い事務所の中には、初期費用無料、相談料無料で対応してくれるところがあります。すべての弁護士が債務整理に強いというわけではありませんので、得意な分野に特化した弁護士に相談をしたほうが手続きもスムーズにいきます。